ファミリー!

家族が苦手。どうしても苦手。

わたしは海外に行ったこともなければ、友達の家に泊まったこともないので、自分の家のことしか知らない。海外では、とか、よその家では、とかは言えない。でも、わたしの家は一般よりも少しおかしい、ような、気がする。

家族だからってなんでも許せるわけじゃない。たかが血の繋がり程度で今後の人生を棒に振ってまで、相手の人生を救おうとは思えない。家族だから。親だから。子どもだから。そんなことを免罪符にして生活を見張られてちゃプライバシーも何もあったもんじゃない。育ててもらった恩は感じるけど、産んで育てると決めたのは親で、子どもは産まれてきたくて産まれてきたんじゃないし、産まれてきた以上死なない限りは命があるから生きているだけであって、好き好んで生きているわけじゃない。じゃあ死ねばと思うかもしれないが痛み苦しんでまで死にたいほどの絶望を抱えてはいないので悪しからず。恩っちゃ恩だし、仇っちゃ仇。もちろんわたしだって、育ててもらった恩を返そうとか、産まれてきてからずっと見守ってくれてありがとうとか、思わないわけじゃないけど、親がふざけたことを抜かすたびにそんな思いは霧散する。なんとな〜く、「なんで子ども産んだんだろ、この人」と思う。子ども、嫌いそうだし。

最近の母親美談がどうとかよくあるけど、それと近いかな。ちっぽけな卵子精子がくっついたくらいで、その美談たる母親にはならないし、なれない。腹が大きくなったって、陣痛で死ぬほど痛くたって、なれない人はいつまでたっても母親になれないのだ。まわりのひとが「母親だから」と夜も満足に眠らない面倒くさい命を押しつけた相手が、「母親」でなければ崩壊する。子どもと一緒に。そこに「子どもだけは助けなきゃ」という気持ちは微塵もない。だって母親じゃないから。ひとりの人間だから。強くないし、特別弱くもないけど、人間ってひとりで死ぬのは多分嫌。こうして長い時間をかけた無理心中が始まるわけです。ひとりで死ぬのは嫌だけど、これはわたしが産んだから、ひとりで残すのはかわいそう。わたしがひとりで残されるのはかわいそうだから、わたしが産んだ命を置いとこう。そんな勝手な思いで巻き込まれた子どもは人生を死んだように過ごすことになって、チョー悲惨。

よくある話。そうだね、よくある話だと思う。そりゃそうだよ、人が死ぬ話だってよくあることだよ、毎日誰かしらどっかで死んでるんだから。わたしだけがかわいそうでとかそんなこと絶対にないけど、でも、やっぱほんのちょっとかわいそうじゃない?

お腹すいたからごはんのことだけ考えて生きてたい。愛するひとりのこと考えて生きてたい。そのひとにつくるごはんのこと考えてたい。親にならないで人間として愛して愛されて死ねたらいいです。それ以上は何もいらないぼくからのおはなしでした。ちゃんちゃん。

ムーンライッ!

人間とは多面的であり、そのすべてを真に理解することは不可能である。

自分が見るもの全てがイコールこの世のすべてではないように、自身の友達は自身の友達というだけの人間ではない。しかしながら今日、そのことをわかっていない人が多く見受けられる。世界のことは主観で考えなくても、スケールが小さい目の前の個人のこととなると一気に視野が狭くなってしまう。何故か。やはり直接触れられるというのが大きいのだろうか。


まあそんなことはどうでもいいのである。


物語を聞かせよう。

わたしは今夜もかの物語を進められない。彼が死んでしまうのが怖い。幾度となく同じ未来を見て、幾人もの先人が同じ未来を辿った。待ち受けてるものは同じだった。彼の死は、変えられない。

ヘタレで、でも頭は良さそう。少し天然なところがあって、ふわふわしていそうな髪の毛が可愛い。そんな彼は死んでしまう。わたしが物語を進み、来たるべき世界の祝福を目の当たりにしたとき、世界は彼を失う。

前々から気がついてはいた。時たま見る後の物語で、彼の姿は一切見えない。そこにいて然るべき存在なのに、一度もその姿を見せない。先人たちは隠してはいたが、薄々感づいていた。ああ彼は死ぬのだろうな、と。

いなくなる彼を見殺しにして、世界を救うのは、もう少し待っていてほしい。知りたい謎を知らないままにしてまでも、彼を死なせたくない。わたしのわがままも、もう少しで終わる。でも、今だけは。

そうしてわたしは、今夜も彼───ロマニ・アーキマンとの夢を見る。


頭がトチ狂っていた時に書いた文章です。夢はすぐそこ、オタクの桃源郷シブにあるぞ!

あなたのことが

好きだからァ〜〜〜〜!!!!

どうも、こんばんは。芸術の秋、してますか。(はてなブログさんよりの問いかけ)わたしはしてません。


本日友人と、「小銭をレジでなくそうとする男は嫌だ」問題について話し合っておりました。

ここ最近この話題をよく見かけます。結論としては「お前の金じゃねーしどうでもええやんけ」で議論は終わったのですが、どうしても気になることがありました。

小銭(端数)をレジで出さないのならば、財布が小銭でパンパンになっている男性がいいのかな?

きっと違うでしょう。わたしの鋭い推理はきっと当たっているはずです。この貯まり続ける小銭はいずこへ?銀行にいってまとめてくるのもきっと嫌なんだろう。細かい感じがするもんな。そこで出た解決策がこちら。

募金……なのでは?(閃き顔)

天啓といっても過言ではない。これは確実に当たっている。胸に広がる感動に全身が震えた。

「ぴっぴ、いつも募金してるよね」

「俺、小銭で財布が膨らむのが嫌なんだ。だから小銭が出たら募金箱に入れてる」

「カッコいい……!」

これでしょ。こういうことでしょ。どうですか、この雪見だいふく食べながら友人と考えた説。99.999%くらい当たっているのでは?


ハァ〜〜〜〜まじでどうでもいいな…って今なりました。終了します。アディオス!

人間

好きなゲーム、刀剣乱舞FGO刀剣乱舞はガチ勢(やばやばのやば)。FGOFateシリーズから勉強中のにわか。あることに気がつきました。

わたしが好きなのって生きた人間じゃなくない?(天啓)

刀剣乱舞、刀。刀剣男士。物。FGO、英霊。過去の英雄。端的に言えば死んだ人。もしくは生きた過去すらない人。えっ、ヤバ……原因不明の震えが止まらなくなってきた。もしかしてそんなヤバめの人間だったの?自覚なかったけどそんっなにヤバめの人間だった?いつから?刀剣乱舞好きになった頃からなんかだんだんおかしい人間になってくなとは思ってたけどまさか…こんな…そんなに?嘘でしょ?


ヤバ……と思ってここまで書いたけどいまわたしを襲う最大の衝撃。

みんな生きてねえ!二次元の!存在!人間じゃねえ〜〜〜〜!!!!(1億のダメージを食らって死ぬ)


ヲタクに現実を見せるときは相手を殺すかもしれない覚悟をしてからにしましょうね。キモ=ヲタとの約束ですよ。

野生

大切にしていきましょう。

私が思うに、2000年代に入ってからの人類は知性を身につけすぎたのだと思うのです。だから、毎日とはいきませんが、ひととき野生の動物のように理性を捨てて過ごすことも精神のゆとりを保つために大切なのではないでしょうか。

もちろん家の中でやってください。危ないですからね。

フェイバリット!

ドラマの話をしま〜〜〜〜す!

わたしは少し前の作品だと探偵学園Q」「特上カバチ!」などが好きです。

探偵学園Qは原作は漫画の実写ドラマ。スペシャルドラマ、連続ドラマがあります。主演は神木隆之介さん。他にも著名な俳優の方々が出演されています。タイトルにもあるとおり探偵ものの作品です。

特上カバチ!は、櫻井翔さんが主演、行政書士のドラマ。こちらも漫画が原作の実写ドラマです。堀北真希さんや中村雅俊さん、遠藤憲一さん、高橋克実さんなど錚錚たる俳優陣が出演されています。法を武器に戦う姿がかっこいい作品です。

さいきんは「地味にスゴい!校閲ガール」とかがとても面白かったです。石原さとみさんや菅田将暉さんなどが出演されている大人気作品ですね。ここのところ、なんかすごいドロッドロした愛憎劇とかうまくいかない人生とかの話が多くて、辛くて観ていられなかったんですが、この作品は人間関係やお仕事の話があっても主人公の明るさがドラマ全体を明るくしていて、心が重くなることもなく、観やすい作品です。恋愛の話も重苦しかったり遠回りだったりしなくて、観ていて楽しかったです。

ほんっとうに「みんなそんなつらいの……?そんな辛くて悲しくてどうにもならねえような日々過ごしてんの……?」ってなるくらいやたら暗い作品がさいきん多くないですか?特にドラマと少女漫画。そう感じるのはわたしだけ?6割くらいただひたすらにイチャついたり甘酸っぱい恋したりほんのちょっとの壁を乗り越えたりしてて?暗いのは残り4割くらいにして?

少女漫画もすごい重いじゃんすか…高校生がそんな人を殺したことがあるみたいな重い過去背負ってて、だから君のことは好きだけど付き合えない…みたいな…お前の人生大変なんだなってなっちゃうから…わたしの豊かな感受性が自身を追いつめてくるから…

みんな、楽しく生きてこ!*\(^o^)/*


アレ、何の話?

イケてるメンタル

発車まで20分。イケるか、そう意気込んで別にする必要もない化粧など頭から放り出して家を飛び出し、必死に走る午前9時20分。これが30分前の出来事。今のわたしは優雅に電車に乗ってこうしてブログなんかを書いています。素晴らしいことですね。さらにはコンビニに寄って美味しそうな蒸しパンを買いました。いやあ気持ちの良い朝ですねえ!

ギリギリでいつも生きていたいわけではないですが、なんかこう、そういう宿命に生まれてしまったものですから結果的にギリギリでいつも生きています。主に精神が。胃はキリキリいってま〜す!(アヘ顔ダブルピース)ストレス社会とかそんなんじゃなくて、ただ単にわたしがマイナー向けの人間(笑)だということです。社会へのアンチテーゼではありません。長いものには巻かれようね。わたしは目眩と頭痛と腹痛と倦怠感と吐き気に襲われたからちょっとパスかな。

今日は目の前に座るグレーのスーツ姿の、マイメロとかが好きそうな可愛らしいお姉さんが足を組んでいるので幸せな日になりそうです。ありがとうミニスカスーツOL!生きる希望を与えてくれた。OK!